ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学カフェ

最近哲学の本を借りました。

ソクラテス・カフェにようこそソクラテス・カフェにようこそ
(2003/06/24)
クリストファー・フィリップス

商品詳細を見る


まだ読んでいる途中ですが凄くわくわくさせられる!
哲学の限りない疑問との対話、探求はファンタジー小説を
読むよりわくわくさせられ、好奇心をかきたてられる!!

この本の主題は(読んでる途中だから多分…)

「地位や生活環境など様々な人達が集まって
哲学への探求をし合う」


哲学と聞くと難しく捉えてしまう。
偉い哲学者たちがそろい、小難しい専門用語が飛び交い
あーだこーだというイメージがある。

しかし、実際は身近なモノだったりする。
生きていく上で沢山の疑問にぶつかりませんか?
子供のころ思っていた疑問は大人になれば解決することが
多いが、大人になってからはどうだろう?

大人になった今こそ疑問が多い。

そう言った疑問の問いと対話することが哲学の探究だと
思っている。


私の最初のソクラテス・カフェは彼氏M氏との会話だ。
狭いワンルームのマンションの一室で始まる。
その後、彼と話すときは大概哲学の探究になっている。
大体私が問いを出していく。

「どうして人は彼氏彼女をつくるのか」

「付き合うとはなんだ」

「日本人に一夫多妻せいは通用するのか」

「どうして浮気をしたがるのか」

......etc


ごくごく一般的な問いかけから始まる。
まず、こういった問いかけを自分自身にする。
その後彼とあーだのこーだの対話していくのだ。
哲学への探求に必要なのは理性。これが必要不可欠。
感情だけではただの堂々巡りになるだけだからだ。

お互い考え方が正反対なせいで色々な意見と発見をする。
でも答えは出ない。

正解!という答えなどないのだと思う。
対話の中で一応の結論は出る。
しかし、また時が経てばその結論にも疑問が出てくる。
だから不変な答えなどない。

私はこういった対話を自分自身でもよく楽しむ。
一番自分のことを分かっているのは自分だと
思えば思うほど疑問が出てきて自分で問う。

「なぜ劣等感をもっていたのか」
「黒く大きい闇みたいなのはなんなのか」
「どうして今ここにいるのか」
「どうして生きているのか」
「自分は正常なのかそれとも異常なのか」

.....etc


問いがありそれを探求する。
それが私の最大の娯楽だ。
そして今生きるための最大の目標でもある。


前までは表現することこそ生きるための最大の目標だと思っていた。
でも、それは深く入り込んだところで思っていたのではなかった。
私の深層心理、深いところは「問いの探求、哲学の探究」だったと
気がついた。

探求するからこそ、表現をし、生み出そうとしたいのだ。

「自分が成長したいためだ」と散々1・2ヶ月前、いや、
つい最近まで主張していた。
主張しすぎたせいか、「ところで成長ってなんだ?」と
思い始めたのだ。

成長ってなんだ?

あれだけ語っておきながらこんな疑問にあたるとは
ほんの1・2ヶ月前の私は思いもしなかっただろう。
疑問にあたると、主張していたことを人に話すのを止めた。
自分の行動が浅はかで恥ずかしいと感じたからだ。
たまに話すこともあるがどうしようもなく違和感を感じて
恥ずかしくなる。

作品を創って
「これはどういう思いで創ったのですか?」
と聞かれても
「あなた自身で感じて下さい。それが意味です」
と言う風にしか言えない。


2日前に名古屋のクラブイベント出演が決まり、
パフォものってきた今週の練習日。
パフォーマーT氏の身体の固さが問題で動きが
定まってなかった。全体を見れるFさんが指摘する。
それを黙ってい見ていた。時にこんな動きしたいなー
と一人うろうろしながら。

ある時、出だしの動きについて考えているときのこと
「溶けていく瞬間の動きしてみたら?」と提案した。
T氏がやり始めてるのを見て「おっ」と思った。
何かが、溶けていく瞬間の動きには見えなかったが
「何かが変化していく瞬間」に見えたのだ。
それを「おもしろい、いいんじゃないそれ」と言うと
Fさんが「実験だね」と言った。

実験

Fさんは前からこういう。なんとなしにFさんが言う意味は
分かっていたし、そーだね!と答えていた。
しかしこの時、「実験だね」といわれたことにはっとさせられた。

実験=探求、だ。

でも

実験=探求=成長、ではない。
実験=探求と成長は違うと思ったからだ。

私が思う成長とは、知らないことを知り己を大きくさせる。
探求とは、知っていたことでも疑問が出てくるとそれを
知ろうと探し、得ようとする。

似ているようで全然違うことに気付いた。

私は探求がしたい。いくらでも問いや疑問は沸き起る。
知っていて解決したと思っても疑問が起こる。
それを探し得ようとする。
それのツールがパフォーマンスであり、作品作りであり、
表現なのだ。

死ぬまでに探求したいことがハッキリとある。
野望ともいうのかな(笑)
内容は秘密。まだ表現という道具しか手に入れてないから
まだまだ時間がかかるからね^^
スポンサーサイト
テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

コメント

by: mymonky * 2008/09/27 16:45 * URL [ 編集]

最近私日記長いね!

知ってた(笑)


哲学って楽しいよー
己の事ばかりではなくこの世、世界に
目が向けられるから色んな視点を持てる。

人って生きていく上で何かしら揺るぎない
概念をもっちゃうのね。
でも揺るがない概念なんてない。
そう言った概念に問いかけをして
ひとつひとつ吟味して答えや発見を
していくのさ。

違う発見や答えが出たら砂山にトンネル
開通させたときぐらい興奮するよ(笑)

by: Miki * 2008/09/27 01:01 * URL [ 編集]

読むのに時間がかかったょぉ

なんとなく言ってるコトは理解できる(v_v)

でもミキには難しいゼェ
(。。;)

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。