ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唾液線炎のこと。

3年前位から季節の変わり目ごとに腫れていたのですが
今年は妊娠〜出産の体力が低下しているせいか
すでに覚えてられないぐらい腫れました(´д`ι)


しかも腫れ方がどんどん酷くなる一方!


去年膠原病内科で見てもらったら
『シェーグレン症候群』という大それた名前を頂きましたが
病名が分かっただけで腫れが改善された訳ではない。
腫れるたびに「困ったな〜」と思ってました。


いや、思ってる分にはいいんですけどね。
痛いんですよ。ホント。
ヒドイと熱が出るしね。
口が開かなくなるしね。


9月頃、産後の歯科検診に行った時
先生が
「親知らずが一個残ってるね。
今後リンパ部分とか腫れたらこれの所為だからね」


といわれ、ピーンと来た。

「耳の下から頬までよく腫れるんです!」

「あー・・・親知らずのせいかもね」



24歳のとき歯ぐきからコンニチハ!していた親知らずが
何かの原因で腫れていたのでついでに3本抜いたのだけど
残りの1本は歯ぐきに埋まっていたので抜きませんでした。


まさか、親知らずとは・・・・


目からウロコ。

この炎症をほっておくと膿が溜まって
アゴを切開しなければいけなくなるらしく
その前にぬけるなら抜いちゃう!

しかし、授乳中なので
麻酔とか薬問題が気にはなってます(´・ω・`)
(→先生に聞いたり調べたりして100%安全とはないけど
 大丈夫とは言われた)

ホント、親知らずは悪さする前に抜いとくのが良い。
特に妊娠前には(苦笑)

歯の健康って大切だわ〜
スポンサーサイト
テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。