ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防接種は受けさせる?

フェイスブック連動をやめたので、気軽にぼやこうかと思いますw

連動してたらぼやけないわけではないのですが
見ている人が大体わかるのでそれに合わせて
記事を書くところがあり、

「毒吐きたいなー」

とおもっても我慢してましたw


注意)
下記は私個人の意見ですので、信憑性については保障いたしません。
ホンマでっか!?的な気持ちで読んでもらえると良いと思いますw




さてさて、
タイトルの通り日々考えさせられることがあります。

子どもを産むと生後二ヶ月から予防接種が始まります。
つい先日、育児マンガ(子ども産んでから好む様になった)を読んでたら


「うちは予防接種受けさせませんでした」


という内容がありました。
さらにリアルタイムに「ロタリックスは毒ワクチン」という
記事がフェイスブック上で流れていました。

色々驚きでした。

フェイスブックのその記事にコメントした人たちが
任意予防接種はほんとうに必要か?みたいな話になってて
色々な考え方があるんだな、と思ったんですが


すごくモヤモヤしました(苦笑)


予防接種を受けさせない理由が
「子ども負担になるから」
「安全性が完全に担保されてない」
というのですが


受けても受けなくても負担になるのは

かわらないんじゃない?



というのが私の意見です。
私は受ける派なんですが、
受けても負担、受けなくても病気にかかれば負担。
受けても安全性は担保されないが受けても発病して
重篤にならないとは限らない。

自然にかかって免疫をつけさせたいという親心はわかります。

けれど、重篤化して合併症が起きたらどうするの?
もし、運良くかからなくて成人してしまって
女の子なら風疹などの抗体がないまま妊娠して
子どもに合併症が起きたらどうするの?
男の子なら妊婦さんに知らず知らず移してたらどうするの?
また重篤化して死亡してしまったらどうするの?

予防接種を受けさせる時期って
子どもでは判断できず全て親が判断して受けさせます。

「受けさせない」と決めて、子どもが成人するまでにかかるとは限らない。
かかったとしてそのかかった病名をしっかり親は把握して
かかってない病気があることを子どもに伝えるまで責任を持たなければならない
と私は思うのです。


「予防接種」は100%の安全性の保障はないと思います。
しかし、それはどんなことにおいても同じではないですか?
自然免疫を付けさせることも100%の安全性の保障はない。

ただ、死亡リスクを考えた時
予防接種をしていた方がリスクが“少ない”と言えるんではないでしょうか?



と、色々考えましたw

ただ、ワクチンの安全性については
古いワクチンを使用する病院もあったりするそうなので
信頼できる病院選びは大切だと思います。

ちなみに「ロタリックスは毒ワクチン」というのは
ロタリックスを摂取した子どものほとんどがロタにかかるという記事でした。
しかし今思えばロタリックスって基本2種類の菌しか摂取してないので
それ以外に感染したら普通に感染するんじゃない?
だから5種類ある「ロタテック」が生まれたんじゃね??
と思うんですが・・・・

まぁフェイスブックの記事の信憑性は定かではないので、
調べる必要性はあると思いますw



スポンサーサイト
テーマ:子育てのつぶやき - ジャンル:育児

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。