ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単純性血管腫

うちの子には産まれてすぐ
赤い痣がありました。


↑産まれて2日目
*黄疸でわかりずらいけど(笑)

向かって左眉毛から鼻下まで
赤い痣があります。

産まれた直後からあるのに
ウチの親、姉、妹、旦那、先生、助産師さん
みんな触れないので『あれ?大したことないのかな?』と
思ってました(笑)

あまりにも触れてくれないので(笑)
私が母乳指導の時に助産師さんに
『この赤痣なんですかね?』と聞くと
『押さえると消えるでしょ?多分自然に消えるよ。』
とのこと。
そっかーと変な納得をしていたけだど
入院中に小児科の先生に見てもらうと
『顔の中心にあるからサーモンパッチかな。
でも範囲広いから退院後診察しましょう』

てなことで、退院後皮膚科の先生に見てもらうと
『サーモンパッチにしては範囲が広いから単純性血管腫(ポートワインステイン)じゃないかな』
と言われました。

単純性血管腫(ポートワインステイン)とは
毛細血管の局所異常で起こる疾患で
血管奇形とも言われます。
自然に消えるサーモンパッチとは違い
自然に消滅しないのでレーザーで治療が必要で
さらにスタージ・ウェーバー症候群を併発している恐れがあるため、MRIで検査が必要になりました。

スタージ・ウェーバー症候群は
小血管を侵す希少疾患で
顔の半分赤痣がある場合、
脳 にも血管腫があることが多く、
脳にあると1歳までに痙攣がおき
最悪筋力低下と麻痺がおきます。

とまぁ、怖いことを書きましたが
赤痣は海外では縁起の良いものとして
『コウノトリの爪あと』や『天使のキス』とか言われるそうですよ。

里帰り出産と言うこともあり、
続きは東京に帰ってから!と
(東京のほうがレーザー治療などに関して有名な病院が近くにあるのでw)
紹介状を貰いました。

脳の血管腫疑いに関しても
範囲が広くないため急がなくても大丈夫
と言われたので。

このころには大分体が(いや顔が。笑)
大きくなったせいか最初より薄いかも?



けど、まだまだ気になる。

私のシェーグレン抗体移行で起こる
心臓疾患疑いで検査したり
今回の単純性血管腫のスタージ・ウェーバー症候群疑いとか
産まれてから忙しい我が娘は
大の病院嫌いになってますw

ちなみに心臓疾患は異常なしでした。
(胎児時代から注意してみてたので
疾患があれば生まれる前に分かってたが念のため検査した)

さて今週、
歩いて20分の大学病院に行ってきます!
こう言う時だけ『都内に住んでてよかったー!』と思いますw
スポンサーサイト

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。