ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホケンを考える【その後】

10キロ増量中


以前「ホケンを考える」記事を書いたんですが
その後をまーーたく書いてなかったので覚え書きの為のに。

1月の検査で専門医に
私が「シェーグレン症候群」という病気認定を受けてしまい
この「シェーグレン症候群」というのが東京都の難病指定されていることから
予定していた医療保険に加入が難しくなってしまいました(´・ω・`)

そこでゼクシィ保険で再度相談したら
「緩和型の医療保険」を勧められました。

勧められたといか、入れるのがコレしかなかった。苦笑
「緩和型の医療保険」とは今CMでも見る
『持病がある方でも入れる保険』ってやつです。
ただし、ちょっと保険料が上がってしまう。

でもまぁ今入れるのがコレしかないので
M氏が3000円以内ならいいよ、と言っていたので加入。

ちなみにですが医療保険は
貯蓄がしっかり出来てる方には必要ないと思います。

実は医療保険を検討中、M氏が
『入ってもいいけど、毎月払って実際戻ってくるのは1/3程度だよ。
 それなら貯金してた方がいい』と言ったことがキッカケで
『はたして保険は絶対必要なのか?』と思い
色々調べたらあるサイトに行き着きました。
そのサイトはこちら

出産時に帝王切開になった場合の目安金額が
記載されてあります。

そこでの貯蓄目安額が300万円。

うちの家計の貯金額を考えると足りない・・・
(各々の独身時代の貯金は家計に入れてません)

てなことで私は医療保険に入ることにしたのでした。

もし、妊娠して家計の貯蓄額が300万円以上あるのであれば
医療保険に入らなくても大丈夫だと思います。
5年経過してシェーグレンが悪化しなければ
安い保険に入り直しがきくので、5年後再度見直そうと思っています^^


あと学資保険。

これも結局のところ入りませんでした(´・ω・`)

理由は、契約の際持病等の申告が必要で
M氏名義でも私名義でもNGだったから。笑


病気夫婦恐るべし!(・∀・i)


でも、学資保険に入るか、貯金するかの選択だったので
これまた定期預金で月々貯金することにしました。
子ども生まれたら子ども手当も出る事だし。


結局のところ保険は、
まとまったお金がすぐに出ない人の為にあるのであって、
特別なメリットがない限り(学資保険みたいな契約者が亡くなって
支払いができなくなっても満額受け取れるとか)
実際払う保険料を貯金してた方がイイ!ということです。

子どもが出来ると現実問題色々と考えさせられますw
スポンサーサイト
テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。