ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソースはおたふくで。

image130904.png


人ってまだ「学べる」と思えると

なぜ楽しくなるんでしょうね!


『人って』と書きましたが、私のことですが。笑

先週からいよいよサイトを構築してくところに
ようやく携われることになりました。

横文字のオンパレード!


今日だけで何個聞いたか。。。


本日は自力でソースの解読をし、サンプルページを作るところまでやる!
と決めてやっていたのですが、
今までの知識を総決算しても、全て解読してソフトに定義しても
ちゃんと表示されない。。。

あの階層にあのフォルダーを放り込めばできるはずでは??
いや、そもそも「/abcd/awacs/」と「abcd/awacs/」のパスの違いって何!?


ヘルプ!マスター!!


最後の最後で、ディレクターに聞きました。
実力では無理だった。。


うーん、なるほど。
今まで独学でOS9時に使えていたネットスケープから
HPを作ったりして、デレクトリや「/」の意味、FTPなど、
最低限のことを分かっていましたが、それだけでは商品は作れない。


いや、正確には作れるのですが、
グラフィックもそうですが、「出来上がってよかったね!一件落着!」と
なるのが最低望まれることなので、データの作り方がいくらめちゃくちゃでも
最終目に見えるものが、望み通りのできばえならそれでヨシなのです。

しかし、その後そのデータを流用してポスター作ろう!となったとき
「ポスターは訴求ポイントが変わるからコピー変えよう」と思っても
アウトラインがかかってしまえば打ち直せないですよね?

また、それより以前に
「イメージ出来た!入稿しよう!」としても入稿データの作り方を
知らなければ最終形態にはなりませんよね?


それと同じ事をWEBでも言えるわけで。


前から薄々気づいてはいたのですが、
サイト全体の構造を込み立てるのも結構骨が折れます。

「こういう訴求をしたい」と思ったらその訴求について詳しく説明したページがいる。
訴求対象が「ほしい!」と思ったらすぐに「申し込み」にいける
ボタンを設置し、必要事項を記入してもらうページがいる。

など、訴求内容によって有力なページを作りさらにページの構成を考える。



骨が折れる〜!!!


けれど、グラフィックも同じ行程を経て印刷物ができるので、
WEBもグラフィックも基本やっていることは同じなのです。


しかし!
私の頭は、グラフィックとWEBが同じ行程だと認識出来ていません。



なぜなら、


言い回しや表現が全然違うから


いや、まったく違うこともないかもしれないけど
違う。


あとグラフィックの行程などは、
知識よりも先に経験を積んで分かっている事なので
入り方が違うんですよね〜・・・


グラフィックは身体で覚えてる(感覚的にそんな感じ)


WEBは、、、


まぁ、やってみてそこから「もっとこうしよう!あーしよう!」と
なると思うので、現在宙に浮いている知識がいつか
線でつながるといいなーと思う今日この頃です。笑
スポンサーサイト
テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。