ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哀しいお知らせ

以前、唾液腺が腫れた!と書いたのですが
(過去記事→http://mymonky.blog34.fc2.com/blog-entry-1620.html

そのあと、町医者に「大きな病院で検査した方がいい」と言われ
紹介状を書いてもらったので
ようやく先週公立の大きな病院へ行ってきました。

CTと血液検査をして、1週間後の昨日、結果を聞きに言ってきました。


CTを見る限り唾石はなし。
腫れを繰り返しているので唾液腺あたりがボヤーとなっていました。

次に血液検査の結果。
先生「この免疫力をはかる数値が振り切れてるんですね」
私「!!!???」


見せられた用紙に基準値「1〜10」のところ
私の結果が「500」になってる!

振り切れてるどころか、

桁が違うよ!桁が!!


先生「シェーグレン症候群の疑いがあります」


シェーグレン症候群とは簡単に言っちゃえば
『自己免疫疾患の一種』です。
自分で自分を攻撃しちゃう感じですね〜


今まで病名がつく様な大きな大病をしたことがなかったので
(しても、おたふく風邪とか)
かなり衝撃でした。


今回検査してもらった科が耳鼻口腔科なので
もっと免疫疾患に特化した膠原病内科での検査を進められました。


元気だと自負して生きてきたのに…
地味にショックでした。

完治しない病気ですが、死ぬほどの病気でもありません。
症状も口が渇くとか涙がでにくいとかぐらい。
(重症の場合関節とか内蔵とかに症状がでる)


それでも地味にショックだったのでM氏に話すと
「やっぱりストレスが原因なんじゃない?」と言われ

ここ数年のストレスが
一気に免疫疾患という形で来たかーと思いました。
原因不明の足の付け根の激痛もコレか!と思ったり。


ストレスってこわーい!
スポンサーサイト
テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。