ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃

東京に出てきて純粋な営業活動2回目。


衝撃でした。



もともとは転職サイトのスカウトからの問い合わせで
「うちで正社員として働きませんか?」
というお誘いでした。

正社員で働くというのは本当に考えてないので
正直に「正社員としては難しいですが、
フリーとしてお手伝いさせて頂けるなら御願いします」
と返したら

「一度話しがしたいので来てください」
と言われて今日行ってきました。


最初に、
私の経験値で正社員として入ったときの給料が
大阪に勤めていたときの1.5倍は払うという話が来ました。

「私の技術力ってそんなに価値があるのか!」
うぬぼれながらも自分の力を認識w
デザインに特化したのもやってきましたが
一番評価が良かったことは泥臭い仕事を数こなしてきたおかげです。


次にフリーで仕事をした場合など具体的な金額や仕事の話をしました。
簡潔に言うと私が今フリーで売り上げている倍以上の仕事の話でした。
(フリーで売り上げてるといってもまだ2〜3ヶ月程度ですがw)


B4チラシのクリエイティブ制作費を聞いて
「東京半端ないな〜!!!」というのが感想です。

夢のある話でした。
自分のクリエイティブがしっかりとした価値で評価されている。
そんなインプレッションです。


つい先日、数万〜数千円の値段交渉で
大阪の取引先の営業と揉めていたのですが
なんだか、それぐらいで揉めることがバカらしく思えてきて
虚しくなりました。


仕事がある。

それだけで幸せなことだとは分かっています。
しかし、私にはまだ伸びシロがある、そう思って仕事をしているのに、
その伸びシロを自分で縮めていることに気づいてなっかたのです。


具体的な案件を頂ける話までしませんでしたが
(今実はバタバタしているので。。。)
「また暇だったら連絡ちょうだいね〜」と言って頂き
事務所をあとにしました。


今までの意識をとりあえず一新させなければ!
新しいことが入ってこない!!


先日派遣先のディレクターに
「なんで徹夜してでもフリーを受けるの?」と聞かれ
とっさに「息抜きですかね」と答えると
「息抜きは徹夜しないでしょ〜!」とツッコまれちょっとハッとしました。


昔、劇団のスタッフをしていたとき
1週間の小屋入りで徹夜同然の作業をしていたことがありましたが
その徹夜はのちに学ぶキッカケとなりました。

しかし、今のフリーで徹夜してでもしていることは
はたして学ぶことはあるのだろうか?

ただ無理してるだけではないか?





とても考えさせられた日でした。





しかし、正社員で働かない!と決めた途端
「正社員で働きませんか〜?」というお誘いが多いです。。。。
関西にいた頃は自分から企業を探さないと見つからなかったのに。。。。
スポンサーサイト
テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。