ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳鼻咽喉科で点滴(その2)

続編です。
(前回記事→ http://mymonky.blog34.fc2.com/blog-entry-1620.html


金曜にモーレツに腫れた耳下腺炎ですが
土曜日に点滴をしてもらったら大分腫れが引いてきました!

ただ、如何せん唾液を作る所なのでご飯を食べると
とってもはれるのは変わりなく…


月曜日に経過を見せに耳鼻咽喉科へ。

先生「あら!大分良くになりましたね。」

「はい、口も開く様になりました」

先生「けど、今回みたいにまた酷い炎症を起こすとしんどいでしょ?
   一度おおきな病院で検査したらどうですか」



やっぱりー!?(・∀・;)


去年なった時から薄々気づいてはいたんです。
年1回腫れていたのが1年前から腫れの頻度が多くなっていたんで。。。
コレはつまり、【唾石症】の疑いがあるということ。


唾石症とは…

原因は不明。
唾液の排出管に入り込んだ異物や細菌などを核として、
そのまわりに唾液に含まれるカルシウムが沈着してできると考えられます。
治療のため摘出した結石を割ってみると、沈着したカルシウムが年輪のようにみえ、
結石のできはじめは当然小さいのですが、自然に排出されないと次第に大きくなっていきます。
唾液は唾液腺を構成する無数の腺房(せんぼう)というところで作られます。




私の場合は耳下腺に出来ていたので唾石ができてしまうのは
「顎下腺炎(あごの下の唾液腺)」で、
耳下腺はちがうわ〜wwと思っていたのです。

しかし、こんだけしょっちゅうなるのは排泄障害があるとしか
思えない…(と先生が言った。笑)


唾液腺に石か〜

石があったら手術になるので…
それはいやだな(´д`ι)

けど毎年なるのはもっといやだ!


金曜は大きな病院に行ってきます。
スポンサーサイト
テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。