ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画を見ようDAY「脳男」



生まれつきの常識では考えられないほどの高い知能と、
驚異的な肉体を兼ね備えるも、人間らしい感情はない謎めいた男・脳男
めぐるバイオレンスミステリー
第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於の小説を原作に、
『犯人に告ぐ』などの瀧本智行が監督を務め、
『八日目の蝉』の成島出が脚本を担当。感情を持たない冷徹な男には、
『僕等がいた』シリーズの生田斗真がふんし新境地を開拓。
共演には松雪泰子と江口洋介、
『ヒミズ』の二階堂ふみ、染谷将太ら多彩な顔ぶれがそろう。

公式サイト:http://www.no-otoko.com/

ーーーーーーーー

ある日の飲み会で、参加していた女の子が
脳男おもしろかったよ〜」と言っていたのをキッカケに
内容も分からず見てきました!


感想は

うーーーーーーーーーん…


という感じです。
小説からの映画化みたいですが
小説だけでよかったかも?

珍しくM氏と観てきましたが
M氏も全く同意見でした。


いかなる理由があろうと『人を殺すのは悪』という考え方
『悪は死をもって成敗すべし』という考え方
二つがせめぎあっている作品です。

私からしたらそれって↑永遠のテーマじゃない?
と思うのです。


とりあえずスッキリせず、モヤモヤした感じになります!
スッキリしたいなーという時に観るのは控えて下さい。


あと描写はグロイです。
ハッピーエンドでもないので
ハッピー好きな人にはおススメしません…(゚ー゚;A
スポンサーサイト
テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。