ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事を書かせて頂きました。

先日、専門学校の卒業制作展で学生の作品の説明を聞いていた時に
とても気になったことがありました。


学生が必死に私に説明をしてくれている最中
「〜のデザインをさせて頂きました



させて頂く!?



自分の作品なのだから「〜デザインしました」でいいのでは??
と不思議に思いました。

一人だけかな、と思いきや全員「〜させて頂きました」と
いうので「その日本語、おかしくないか…?」と
首をかしげながら聞いていました。


この「〜させて頂く」という言葉、
私もクライアントとメールでのやり取りの際
使い過ぎて気持ち悪くなることがあり、よく訂正をしています。
そう感じるのは私だけかと思いきや調べていたら
意外といるようです。↓


ーーーーーーー関連記事ーーーーーーーーー
つい口に出る「微妙」な日本語
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あんまり気にしてない人も多数いるようですが…
気をつけたいですね〜
スポンサーサイト
テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。