ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンサルという仕事

アウトレイジビヨンドが見たいmymonkyです。

近々行こうかな。



さて、会社の社長室でこんなセミナーの案内を見つけました。
「私、社長ではなくなりました」の著者
元ワイキューブ社長安田氏が教える経営セミナー(確か)


私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
(2012/02/28)
安田 佳生(やすだ よしお)

商品詳細を見る



↑このセミナーに社長が申込みをしていました。


ちなみに
ワイキューブとか安田氏とか私はこの時まで知りませんでした。
そもそも人材コンサルなんて興味がありませんでした。


けれど、
ここ最近コンサルの仕事に興味を持ち始めた私には
なんだか気になる内容だな〜と思いまず安田氏を検索。


ワイキューブが民事再生申請をした2011年3月ごろに
経営参謀 清水氏が書いた記事に行き当たりました。
2011年3月ごろ記事↓
http://ameblo.jp/nidaimekeieisya/entry-10846795030.html



ふむふむなるほど。



これを読んで今年7月にgooニュースが
安田氏にインタビューした記事もひっかかりました
2012年7月記事↓
http://news.goo.ne.jp/article/senkei/bizskills/senkei-20120621-06.html




うーん
つまり、最悪の事態を考えずポジティブに行き過ぎたのが
原因ということかな。


最低ラインのリスクヘッジは誰でもしていると思います。
が、少しの勘違いが大きな失敗を生む。


リスクヘッジが甘く、失敗をした後の安田氏のセミナーは
なかなか興味深いものがあります。
3,150円なら私も行きたいな(笑)



ところで
ある本で「仮定思考」という言葉が出てきました。
これはある程度の出来事を想定して動くというもの。


仮定思考の話を読んでいるとますますM氏を思い出すのです。
彼の仮定思考は主に私に対して。


「こういう展開も想定してた」とか「想定通り」とかよく言います。
普段「想定通り」といわれると私は若干ムッとするのですが
仕事上だと「よく考えてるな〜」と感心します。



ただ難点が、優柔不断になること(笑)



しかし、私にない思考の持ち主ではあるので
意見が参考になることもしばしば。
私が決めかねる話や結論が出そうで出ない
もやっとした状態の時によく相談します。


相談というか、私の現在の状態や考えをまとめてくれるだけですが(笑)
最近では余裕というか理解力が深まったのかアドバイスまでくれます。


なので仕事上の悩みを客観的に意見が欲しいときはM氏に相談します。
自分の私情は横に置いて一般論を言ってくれるのです。

時に腹が立つ事を言われるのですが
後からよく考えるとその通りだと思い直します。。


友達に「彼氏に相談するねん」というと
「逆にストレス溜まらない??」と言われました。


あるヒューマンマネージメントの本で
「女性の相談は共感を求めるもの」と書いてありました。



確かにその通りだと思います。



しかし、私の中で「グチ」と「相談」の線引きが出来ていて


グチ=聞いて欲しいだけ
相談=解決したい。方法がしりたい。


と分けて話をしているのでまず「グチなんだけど〜」と
前置きしてから始めます。
そのマイルールがあるため、
「相談」とは「解決したい。方法がしりたい」と意味なのですが
友達からしたら「相談=グチ」だと捉えたのかもしれません。。。


「あ、意味の捉え方が違う!」と気づいても
いちいち説明するのメンドクサイので(笑)サラッと流しまい....



定義の違いが出てしまうと相談もストレスの1つにしか
なり得ないので気をつけたいですね〜

スポンサーサイト
テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。