ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日から開催!「ヘドウィグアンドアングリーインチ」大阪公演

webCA3H04420002.jpg



行ってきましたー!!!

今さっき(笑)





半年楽しみに楽しみにしていた舞台。。。。
今回でリピするのは4回目です。


今回はキャストも演出も一新し
あらたな「ヘドウィグ」ワールドということで
不安や(←笑)期待がありました。




・・・・・・・



・・・・・・・・・・






続きからは私の感想とネタバレです♪


さて舞台の感想ですが。。。





めっちゃ残念な舞台になっていた






舞台は日本。
時代背景は原爆によって飛散した地域を包囲し
その壁の中になんとか生き残った人々の中にヘドウィグが・・・・




なにこれ



めっちゃ無理ある設定。




でも名前はヘドウィグやイツァーク、
トミーノウシスはそのままなんだ(笑)



いやいやそれなら日本語に変えましょうよ。
イツァークめっちゃ関西弁だし。


意味わからん。



舞台もライブハウスのZepp Nanbaでするのは良いですが
中途半端に舞台要素も残した所為で全然ライブ感が出ず・・・・・

アンコールでしたライブが一番良かった。


キャスティングも微妙でした。
なんで後藤まりこを起用したのか・・・良さが分かりませんでした。
かわいさとか要らないから!!!!
色気出せよ!!!



とりあえず言える事は

今回は






演出最悪でした





この舞台が初回や森山未来のファン、みどりのファンなら
結構満足出来たでしょう。




しかし!!!



私は前3回の公演のファンで
ヘドウィグのファンなので



もうすごい不満!!!!!!!!





いつも最初盛り上がるヘドウィグ登場で
大声で「ヘドウィーグ!!!!!」って叫ぼうと思ってたのに…


ノリノリで楽しもうと思ったのに・・・・





一番腹立だしいのは原発問題で湧いている日本の現状を
馬鹿にした設定(と私は受け取った)と
ヘドウィグの哲学の世界観をめちゃめちゃにしたこと。
タダのエロい話にして・・・


人によって解釈は違うでしょうか
ヘドウィグ自体、哲学が基づいています。
ただのエロい話ではないのです。


それを理解していない人間が演出したとしか思えない。
そこんとこガッツり話したわ!大根仁さん!!

それかその世界観から新しい価値観を生み出す舞台だったのか・・・?
しかしそうなら素直に楽しめたんだろうな〜




とりあえず浅い。
不満満載でした。




プンプン!

スポンサーサイト

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。