ArtからDesignまで幅広い活動を展開するマイモンが日々のつれづれをつぶやきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたのためにある。



「私が思っていることは誰でも思っている」


ということを理解しています。


若い子(大学卒業したてぐらい)が
就職して1~2年したら深いところに
堕ちてしまう話を聞きます。


いわゆる順応できなくなるということ。


まあわたしもあったのですが、
如何せん小さい事務所だったのでそこまで深みに
はまることはありませんでした。


なんだかんだで社長もいい人でしたし。


だから病気になるとか無力感を感じるとか
それは自分次第でなんとかなるやんと思っていたのだけれど
転職して、社員数も前の会社より人数も増え、いろんな人がいると


あー
最初がこういう状態だったら自分ではなんとかできないかもな。


ということを理解しました。



多分一番わるいのが上司が「自分の若いときは」話をすること。
昔を知らない若い人間にしたら異世界の話だし理解もできない。

それなのに上司が「自分の若い時」基準で物事を
言うので、まじめな人間はそれに合わせようと無理をする。
できないものはできないと言えない状態になる。


うまいこと上司の基準をかわせる能力を
備えていたらいいのだけれどみんながみんなそう起用じゃない。


打開策も解決策もなんにも思いつかないけど(←おい。笑)
ただ言えることは、

熱ーい お茶を一杯飲もう

1人が嫌なら手当り次第に知り合いとお茶を飲もう。


心が疲れていると体も動かないだろうけど
やって見る価値はあると思う。


なんだか違ういつもを感じることができるはず。

世界はあなたの為にあるのだから。

スポンサーサイト
テーマ:思うこと - ジャンル:学問・文化・芸術

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。